転職・独立をするなら在職中にカードローンを作るべき

man128_128今転職や独立を考えていて、今後お金が必要になることが想定される方は、カードローンを転職前に申込んでおくと良いでしょう。

カードローン審査は勤続年数が重視される

カードローンの審査では、「勤続年数」が重視されます。

3年以上の在籍年数があれば、カードローンの審査では高い評価をされますし、ぎりぎり半年以上の在籍期間があれば審査に通る最低ラインと言えるでしょう。

つまり、転職をしてしまったら、半年間の間はカードローンの審査が通りにくくなってしまうのです。

さらに転職が決まっていないときに退職するのであれば、転職先が決まるまでの間は無職ということになるためカードローンの利用はできなくなってしまいます。

転職活動が難航すれば、貯蓄で対応できない可能性もあるため、カードローンを事前に申込んで作っておくというのも賢いリスクヘッジの方法と言えるのです。

また、独立する方はさらに状況が悪く、カードローンの審査では個人事業主、自営業の方は審査に通りにくくなります。安定性がないことが理由です。さらに個人事業主、自営業の業歴が重要視されるのです。

個人事業主や自営業をはじめたばかりの方がカードローンの審査に通るのは非常に難しいのです。

しかし、個人事業主や自営業の場合、はじめは利益が発生しないことの方が多く、その分の生活費などは貯蓄で賄う必要が出てきます。それでも対応できない可能性があるのであれば、会社を退職する前にカードローンを作っておくべきなのです。

カードローンのメリットは、作っても使わなければ良い

カードローンというのは他のフリーローンや住宅ローン、自動車ローンと違っていて、持っていても借りなければ借り入れはゼロでいつでも解約ができます。

一方、持っていればいつでも借りることが可能なのです。また、クレジットカードのような年会費もありません。

転職や独立で生活が不安定になる方はカードローンを在職中に作っておくことがおくことが賢いリスクヘッジと言えるでしょう。

転職が成功した、独立がうまくいって利益が十分にでてきた場合は、1円も借り入れをせずに解約してしまえば、費用も発生せず信用情報も傷つかないのです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。