返済が苦しい場合はランニングコスト(固定費)を見直そう

platinum128_128「カードローンの返済が苦しい、困難だ」と言っている人に限って、毎月自動車保険や駐車場代、プロバイダ料金、スカパーなどの支払いなど、毎月確実に発生するランニングコスト(固定費)で無駄遣いをしている方が多いのです。

ランニングコスト(固定費)を見直せばカードローン返済は楽になる

まずは、生活に支障のないランニングコスト(固定費)を見直しましょう。

例えば、スカパーなどの有料放送に加入している方、月額料金制のケータイサービスやアプリを利用している方、利用していないフィットネスや脱毛サロンの月額プランに加入している方などです。

これらは、生活を豊かにするものではあるけれども、なくても困らないものです。カードローンの返済が完了したらもう一度加入しなおせば良いだけなので、返済が苦しい間は一旦解約するという選択が賢い選択と言えるでしょう。

無駄なランキングにコスト(固定費)を見直しましょう。

実は隠れた無駄なコストというのは、どんな方でも存在しているものなのです。

例えば、自動車保険や生命保険の保険料などは、ダイレクト通販型の格安自動車保険が登場しているので見直しをするだけで保険料が引き下がる可能性もありますし、携帯料金やプロバイダ料金なども、かけ放題のプランも出てきていますし、家電量販店のスマフォにするだけで月額料金が抑えられるかもしれません。駐車場なども見直しをしていないことが多いのですが、もっと近隣に安い駐車場があるかもしれません。

このように隠れた無駄なコストを見つけて、コスト削減を行えば、家計の中でのカードローン返済も楽になるのです。

自動車は持たない

これらのコストの中でも一番大きな負担につながるのが自動車です。自動車があるだけで、税金や保険料、車検の費用、ガソリン代、高速代、駐車場料金・・・といくらかかるんだ。というばかりにコストがかさんでしまいます。

カードローンの返済に困っていないのであれば、持っていることに問題はありませんが、カードローンの返済が困難という状況であるならば、できるだけ自動車は売却して月額の支出を抑えましょう。車がないだけで月数万円のコスト削減は可能になるはずです。

まとめ

上記のように月額のコストが1000円でも、5000円でも、1万円でも安くなれば、そっくりカードローン返済にまわすことができるため、毎月の返済負担というのは少なくなります。単純にカードローンの借り換えや低金利のカードローンを見つけることに力を入れるのではなく、月額コストを引き下げる方法を探すことに力を入れた方が返済困難な状況が早く解決する可能性も高いのです。今一度、家計の支出を見直してみましょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。