カードローンの比較ポイントは「審査」「金利」「スピード」「対応」の4つ

doctor2128_128カードローンを比較検討する際に重要になるポイントは「審査」「金利」「スピード」「対応」の4つだけと言っても過言ではありません。この4つ以外はあまり重要ではないのです。

カードローンの真実

カードローンサービスは、「金利」と「審査の難易度」で作られていると言っても過言ではありません。

  • 金利が高ければ審査は厳しく
  • 金利が低ければ審査ハードルは低い

極端に言えば、カードローンの仕組みはこれだけなのです。

それ以外の「利便性」や「会社の信頼性」「限度額」というのは、どこも変わらないのです。

総量規制があろうとなかろうと、銀行カードローンは年収の3分の1以上はほぼ貸してくれませんし、銀行カードローンの保証会社には消費者金融が入っているため、銀行だから安心というのは間違った認識なのです。返済が遅れればすぐに消費者金融に債権は移ってしまうのです。

カードローンの比較ポイント

「審査」の難易度で比較する

カードローンは審査が通らなければ利用することができません。つまり、一番重要なのは金利よりも審査が通るかどうか?と言って過言ではないのです。

カードローン審査難易度

「金利」で比較する

審査と同時に考えなければならないのは「金利」です。「金利」が低いことに越したことはありません。当サイトでは何度も言っているように金利を比較する際は上限金利で比較する必要があります。また、1か月以内の利用であれば無利息(金利0%)のサービスを提供しているカードローンを選びましょう。

カードローンは上限金利で比較する
カードローンは借入希望額の金利で比較する

「スピード」で比較する

これは借入までにかかる時間という意味です。今日中にお金が必要であれば、金利などは度外視して当日借り入れができるカードローンを選ぶ必要があります。ここで、「最短即日融資」と書いてあるからと言って銀行カードローンを選択してしまっては、当日の借り入れの可能性はぐんと低くなってしまいます。

カードローン最短即日発行のウソ

「対応」で比較する

これは利用してみないとわからない部分でもありますが、カードローンを利用したことがある方であれば、「対応」によって不快な思いをしたことのある方も多いと思います。返済の催促の電話が返済遅延していないのにかかってくる、担当者が横柄な対応、途上与信によって遅延もないのに借入停止に、・・・上げていけばきりがないのです。実際に利用してみてカードローンを提供している金融機関の対応が良くないときは借り換えも検討すべきと言えるでしょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。