カードローンを平均金利で比較する

graphline128_128

カードローンを比較するときに重要なのは、下限金利ではなく、上限金利になります。なぜなら、カードローンで適用される金利は上限金利に近いことがほとんどだからです。下限金利がいくら低くても、たいていの場合はその金利は適用されないのです。

消費者金融カードローンは上限金利が同じで比較できない。

「上限金利で比較しろ」と言われても、消費者金融の場合はどのカードローンでも「○%~18.0%」と上限金利が18.0%になっています。

では、この場合はどうやって金利が低金利のカードローンを見つければ良いのでしょうか?

上限金利が同じときは平均金利で比較する

上限金利が同じ消費者金融の場合は、約定金利(契約が行われた金利)の平均値で比較することをおすすめします。

2013年10月~12月のデータでは

消費者金融カードローンアコムカードローンアイフルカードローンプロミスカードローン新生銀行カードローン レイクノーローン
金利平均15.3%14.9%14.9%17.2%16.0%
となっています。

このデータで見ると平均約定金利が一番低金利のカードローンは

次いで

となっています。

一番金利が高いのは16.5%のノーローンですから、金利が同じ消費者金融カードローンと言っても、平均値で1.3%もの差が開いているのです。

データで比較したうえで、いちばん平均約定金利が低いカードローンが利息の負担が低いカードローンということになります。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。