カードローンを貸付残高で比較する

graphline128_128

カードローンを比較するときに「いくら借りられるのか?」も大きなポイントになってきます。とくに「最大500万円まで借り入れ可能」というように書いてあったとしても、実際に500万円借りられると思っている方はほとんどいないと思います。

では、本来の意味で実際に大きな金額を借りやすいカードローン会社どこになるのか?を知りたい場合にどうすれば良いのでしょうか?

カードローンの貸付残高の割合で比較すれば良い

カードローンの貸付残高の割合を比較すると「実際に大きな金額を借りやすいカードローン会社どこになるのか?」を把握することができます。

当然、貸付残高が大きい人の割合が多いカードローンほど、大きな金額を借りられる可能性が高いカードローンということになり、貸付残高の少ない人の割合が多いカードローンほど、少額しか借りられない可能性が高いカードローンということになるのです。

カードローンの貸付残高の割合で比較する

2013年10月~12月のデータでは

消費者金融カードローンアコムカードローンアイフルカードローンプロミスカードローン新生銀行カードローン レイクノーローン
貸付残高構成比10万円以下1.4%4.5%2.0%3.3%1.8%
10万円超 30万円以下9.0%11.9%7.3%13.2%7.3%
30万円超 50万円以下27.1%26.8%22.4%27.3%14.2%
50万円超 100万円以下24.3%23.7%22.1%44.2%23.1%
100万円超28.2%33.2%46.1%12.0%53.6%

となっています。

このデータで見るとの貸付残高の割合が大きいカードローンは

ノーローン 100万円超 43.9%
プロミスカードローン 100万円超 40.6%
アイフルカードローン 100万円超 37.4%

となっています。

当然、貸付残高が大きい人が多いということはカードローン審査は必然的に厳しくなります。金額の大きさを取るのか?審査の通りやすさを取るのか?自分の条件に合っているカードローンを見つけましょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。