カードローンを年齢構成比で比較する

graphline128_128

カードローン会社によって、審査の基準というのはかなり違っています。カードローンを比較するうえで、審査に通るかどうか心配な方におすすめなのが、「年齢構成比」をチェックして、自分と同じ年齢の方が利用している割合が多いカードローンを選ぶという方法です。

カードローンは全般的に年齢が若い方の方が審査に通る可能性が高いのは事実ですが、年齢に重きを置いているカードローン会社とそうでない会社があるのです。

カードローンの年齢構成比で比較する

2013年10月~12月のデータでは

消費者金融カードローンアコムカードローンアイフルカードローンプロミスカードローン新生銀行カードローン レイクノーローン
顧客年代別構成比(新規)~29才50.7%--28.6%3.2%
30~39才18.9%--23.8%19.2%
40~49才16.5%--25.4%37.5%
50~59才9.9%--15.1%26.5%
60才~4.0%--7.0%13.6%

となっています。

20代が圧倒的に利用しているのはアコムカードローンで47.7%と約半数が20代というデータが出ています。20代が5.6%と低いノーローンと比較してしまうとその差は10倍ほどにも開いているのです。

つまり、カードローン審査が不安な20代の方であればアコムのカードローンがおすすめということが言えるのです。

一方、50~59才の割合が多いのは、ノーローンが21.9%、新生銀行カードローンレイクが17.8%となっています。ノーローンは件数自体が少ない可能性もありますが、50代の方でカードローン審査が不安な方の場合、新生銀行カードローンレイクがおすすめと言えるのです。

このように自分の年代で利用する方の割合が多いカードローンを選ぶというのも、審査通過の可能性を上げる賢い方法の一つと言えるのです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。