在籍確認が不要なカードローンは存在する?

カードローンを申込むとほとんどのケースで「在籍確認」というものが必要になってきます。カードローン会社は本人確認書類などで個人の確認はできるのですが、審査の基準になる職業や年収の裏付けになる「本当に申込フォームに記入された会社で働いているのか?」を確認する方法がないからです。実際に電話をしてその会社に在籍しているのか?どうかをチェックするのです。

カードローンの利用であることは会社にばれない

一番心配になってしまうのは、カードローンを利用して借金をすることが上司や同僚、会社にばれてしまって、何らかの不利な状況になってしまうのではないか?ということです。

しかし、カードローンの在籍確認は、個人の携帯電話から「鈴木と申しますが、田中様いらっしゃいますでしょうか?」と聞かれるだけなので、それがカードローンの在籍確認であることがばれることはほとんどないのです。

それでも気になる方には?

それでも「在籍確認で会社に電話をしてほしくない。」という方は、電話での在籍確認ではなく、書類提出での在籍確認でも可能なところがあるようです。

  • 社会保険の健康保険証
  • 給与明細(直近2か月)

などの書類を別途提出すれば、電話での在籍確認はいらないカードローン会社もあるようです。大手の消費者金融で書類での在籍確認ができるところがいくつかあるようです。これは事前にコールセンターに連絡の上、可能かどうか聞いてみることが一番簡単な方法と言えるでしょう。

あくまでも、「在籍確認」がないのではなく、電話による在籍確認ではなく、書類による在籍確認ができるということです。カードローン会社としては、その会社に在籍できていることが確認できれば電話でも、書面でも問題ないということなのです。ただし、書面での在籍確認ができないカードローン会社も多いので確認が必要なのです。

クレジットカードの一部は在籍確認はない

カードローンでは在籍確認はほぼ必須ですが、クレジットカードの場合は、在籍確認がない場合もあるようです。特に年会費無料のクレジットカードでかつ個人信用情報が無事故、属性が良いという方であれば在籍確認なしにクレジットカードが発行されるようです。ただし、キャッシング枠が高額な場合はほとんど在籍確認が発生すると考えて良いでしょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。