カードローン審査通過できる可能性が高いのは?新規参入のカードローン

namecard128_128カードローンの審査に通過できる可能性が高いのは?新規参入のカードローンというのは本当でしょうか。

新規参入のカードローンが審査通過の可能性が高い理由

カードローンの審査基準というのは、金融機関にとって最大といっていいほどの「ノウハウ」なのです。

「いかに貸し倒れ(デフォルト)率を減らすことができるのか?」

を実現しながらも、多くの人と契約をすることが、カードローン会社の利益増につながるからです。

イメージはしにくいですが、カードローンの審査ノウハウというのはiPhoneやトヨタの開発ノウハウとなんらかわらない金融機関の最重要機密事項なのです。

「ノウハウ」というからには、短期的にできるものではありません。何度も審査基準を見直し、その結果としての貸し倒れ(デフォルト)率を見て、さらに修正を加えて、再度チェックする、これを繰り返すことで審査ノウハウは構築されていくものなのです。

だからこそ、カードローン市場の伸びに応じて、他業種から新規参入してきたカードローンの場合は、審査ノウハウが脆弱な場合が多いのです。

特に

  • 本業が金融業でない会社のカードローン
  • サービス展開から1年未満のカードローン

の場合は、審査ノウハウが脆弱の可能性があり、「他のカードローンでは審査が通らなかったけど、なぜかここだけ借りられた」という口コミが多くなることがあるのです。

特に1年未満のカードローンの場合は、その審査ノウハウによって、貸し倒れ(デフォルト)率がどのくらいであったかも、まだ結果が出ていない状況になるのです。

年数が経過すればするほど、審査ノウハウの精度も上がってくるため、審査は徐々に厳しくなっていくと言えるでしょう。

カードローンの審査に不安がある方は、新規参入のカードローンや本業が金融業でない会社のカードローンを検討してみる方法も、賢い方法と言えるでしょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。