銀行カードローンは低金利で安心のカードローン

graphline128_128

銀行カードローンは文字通り、銀行が提供しているカードローンのことを言います。

2010年の貸金業法の改正によるグレーゾーン金利の撤廃を受けて、消費者金融が高い金利を設定することができなくなりました。その影響で消費者金融の貸付金額、貸付件数は軒並み減少しました。逆に伸びてきたのが、銀行が提供する銀行カードローンなのです。

貸金業法の改正で、なぜ銀行カードローンが登場したの?

貸金業法が改正されたことにより総量規制という法律ができました。

これは「年収の3分の1までしかお金を貸してはいけません。」という法律です。

つまり、年収が300万円の人は、最大で100万円しかカードローンの借り入れをすることができなくなったのです。

消費者金融などの貸金業者は、大きく売上を落とすことになるのです。

ここで登場したのが銀行です。

銀行は、銀行法の適用を受けるものの、貸金業者ではないため、貸金業法は適用されないのです。銀行が貸すのであれば、年収の3分の1以上でも貸すことができるのです。

そのため、消費者金融は銀行を窓口にして銀行カードローンというものを販売する形になったのです。

銀行カードローンって、消費者金融が提供しているの?

もちろん、銀行カードローンは銀行が提供している金融商品です。

しかし、実態は保証会社として消費者金融が入っているため、実質的には消費者金融が業務を行い、消費者金融が債務不履行の場合のリスクをとっているため、消費者金融のローン商品とあまり変わらないのです。

  • 銀行 → 保証会社(消費者金融) 保証料を支払います。
  • 保証会社(消費者金融)は、審査業務などを銀行とともに行います。
  • 保証会社(消費者金融)は、カードローン利用者が返済してくれない場合、銀行に代位弁済(代わりに一括返済)します。

つまり、審査をするのも保証会社(消費者金融)、債務不履行時のリスクを持つのも保証会社(消費者金融)なのです。もちろん、銀行独自でも審査は行いますが、保証会社(消費者金融)の審査の方が重要なのです。

それでもメリットのある銀行カードローン

銀行カードローンの実態が保証会社(消費者金融)であっても、銀行カードローンのメリットはいろいろあります。銀行カードローンのメリットを紹介します。

銀行カードローンは低金利

銀行カードローンの場合は、消費者金融や信販系のカードローンと比較しても、低金利に設定されています。低金利であれば、返済する金額も少なくて済みます。

銀行カードローンは限度額に応じた段階別の金利設定

消費者金融カードローンの場合は、「5.0%~18.0%」と借入の限度額とは関係なく、金利が審査次第で決まることになります。しかし、銀行カードローンの場合は、「100万円以下は○%」「100万円~150万円は○%」と段階的に金利が設定されているものがほとんどです。

金利が「5.0%~18.0%」と記載されている場合、上限金利の方に近い金利が設定されるため、段階的に金利を設定しているカードローンの方が低金利になる可能性が高いのです。

銀行カードローンは総量規制の対象外

銀行カードローンは、総量規制の対象外のため収入の3分の1以上でも借り入れをすることが可能です。ただし、実際には銀行カードローンの方が審査が厳しいため、収入の3分の1以上借りられるケースは稀です。

銀行カードローンは限度額が大きい

消費者金融カードローンの最大利用限度額は500万円ほどです。銀行カードローンの場合は、最高1,000万円までの借り入れが可能です。ただし、こちらも実際には最高の限度額が設定されるケースはほとんどないため、消費者金融カードローンの500万円でも、あまり変わらないのです。

提携ATMの利用手数料が無料

すべての銀行カードローンではありませんが、銀行自体が各コンビニATMと預金の引き出しなどの提携をしているため、カードローンを提携ATMで利用しても、手数料が無料に設定されています。

消費者金融カードローンの場合、提携ATMの利用手数料は1万円以下で105円、1万円超で210円となるため、月一回利用でも、数千円の手数料が1年間にかかっていることになるのです。

家族や会社ばれたときにごまかせる

消費者金融のカードローンも券面自体は、会社名などは入っておらずカードローンかどうかはわからないように工夫されていますが、銀行カードローンであれば、キャッシュカードだと言えば、わかる人はいません。また、自宅にローンカードが郵送されてきた場合にも、会社の付き合いでキャッシュカードを作ったといえばカードローンであると思われることはほとんどないでしょう。

銀行カードローンのデメリット

銀行カードローンは借り入れまで時間がかかります。

銀行カードローンも、最近では「最短即日融資」と宣伝されているものが増えてきましたが、それでも最短30分で借入できる消費者金融カードローンのスピード感とは大きな差があります。すぐにお金が必要な方は消費者金融カードローンの方が確実性が高いためおすすめなのです。

また、銀行カードローンは「最短即日融資」と書いてあっても、実際には2営業日ぐらいかかるのが一般的です。「最短」はあくまでも「最短」であって「実際」と違うことを認識しておきましょう。

銀行カードローンは審査が厳しい

銀行カードローンは低金利で提供していることもあり、審査のハードルが高くなってしまいます。カードローンの申し込みは半年間に3回まででないと申し込みブラックとされてしまうため、カードローンの審査に自信がない方は、銀行カードローンだけで3社申し込むことがないように注意しましょう。全滅して結局借りれないというケースもあるからです。

銀行カードローンは返済遅延が起きれば、債権は消費者金融に移る

銀行なら怖い取立てはないと考えて、返済を滞納してしまう人もいるようです。しかし、実際には3ヶ月の返済遅延で銀行から債権は保証会社(消費者金融)に移り、保証会社(消費者金融)に返済することになります。

今では、怖い取立てなどは絶滅傾向ですが、銀行だから安心して遅れてもいいというわけではないことに注意が必要です。債権が保証会社(消費者金融)に移る条件は、カードローンごとに違います。

Pocket