銀行カードローンの審査で重要視されるポイント

bank128_128銀行カードローンの審査では何が重要視されるのでしょうか。ここでは銀行カードローンの審査で重要なポイントを解説します。

銀行カードローンの審査の特徴

銀行カードローンの場合は、低金利であることが大きなポイントになっています。低金利であればあるほど、確実に返済力がある人を審査で見極める必要があるのです。

他社借入件数が多い人はマイナス

他社借入が多い人は銀行カードローンの審査ではマイナス評価です。あたりまえですが、返済してくれない債務不履行に陥る確率が高いのは、借入件数の多い人です。すでに数件の借り入れがあり、それ以上の借り入れのために銀行カードローンに申し込んだとなれば、相当お金に困っている人と判断されてしまうのです。

銀行カードローンの場合は、特に他者借入件数が多いと審査に通らないようです。

勤続年数と職種、勤務先企業

次に重要視されるのは、勤続年数と勤務先企業、職種です。年収は実は審査では確かめようがないためあまり重要視されていません。年収はわからなくても、勤務先企業の規模や名前がわかれば、ある程度の年収は推測できるからです。

また、正社員であることも重要なポイントです。専業主婦向けの銀行カードローン以外は、正社員が審査上有利になるのd巣。

勤続年数は、継続的に働いている証明なのです。勤務先がいかに大手であっても、勤続年数が半年に満たない場合などは、審査に通らないケースも出てきます。逆に中小企業であっても、勤続年数が10年を超えるようなケースでは審査に通りやすくなるのです。

銀行との取引有無

銀行カードローンの銀行口座があるかどうかも、チェックされます。たとえば、給与振り込み口座として利用している銀行であれば、お金の入りの部分を確認できるため、審査上プラスになるといわれています。

過去のローン利用履歴

過去のカードローン利用の実績も重視されます。まったく利用した経験のない方よりも、継続的にカードローンを利用していて、返済遅延がなく完済している実績があれば、審査上プラスの評価がされます。返済能力の証明のひとつになるからです。逆に30代、40代になっても、ローン利用の事実がまったくない真っ白な人の方が、過去に債務整理などをしたのではないかと疑われてしまいます。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。