即日融資なら迷わず消費者金融カードローン

calendar128_128「どうしても今日中にお金が必要。」という場合は、迷う必要はありません。低金利の銀行カードローンやクレジットカード会社のカードローンはやめて、消費者金融のカードローンを利用すべきなのです。

即日融資で消費者金融を選ぶ理由とは?

審査のスピードが違う!

今では、銀行カードローンも、クレジットカード会社のカードローンも、「最短即日融資可能」「最短当日借り入れ可能」という宣伝文句を使って、広告をするようになってきました。

しかし、これはあくまでも「最短」であって、平均的に即日借り入れができるわけではないのです。

平均的な借り入れまでの時間は、「最短30分」と言っている消費者金融が2時間~4時間ぐらいで、「最短即日」と言っている銀行が1営業日~2営業日後ぐらいなのです。もちろん、銀行カードローンでも即日借り入れできるケースもありますが、確実に行くのであれば間違えなく消費者金融の方が良いのです。

銀行カードローンの審査が遅くなってしまう理由

銀行カードローンは、「銀行」と「保証会社」2社が審査する

銀行カードローンは、保証会社としてクレジット会社、消費者金融が入っている形で提供されています。どういうことかというと、銀行は保証料を毎月保証会社に払う代わりに、返済遅延が3か月続いたときに貸し倒れと判断して、保証会社が代わりに残りの返済額を払う契約をしているのです。これを代位弁済と言い、契約内容によっていつ実行されるのかが違っています。

この保証会社のシステムがあるため、審査の時には、「銀行」と「保証会社」2社が審査するのです。つまり、別の会社が業務を行うため、情報の連携作業が必よ杖、かつ単純な作業量も2倍に増えるのです。そのため、スピーディーな審査ジャッジができないのです。

銀行は、そもそも15時で業務終了

銀行は、窓口業務が15時で終わってしまいます。最近では地方銀行は17時まで窓口業務を行うところがでてきましたが、それでも17時です。もちろん、カードローンを担当する部署は、これらの窓口業務とは関係ありませんが、銀行員は貴社も早いのが普通なのです。

基本的に21時まで無人契約機が動いていて、24時間電話対応の体制がある消費者金融の比ではないのです。

低金利な分、審査には慎重になる

これが一番大きな理由ですが、銀行カードローンは金利が低いのです。低金利であるからこそ、貸し倒れ率を引き下げる必要があり、慎重な審査が必要なのです。その分時間もかかってしまいます。

即日に現金を入手できる時間が違う!

基本的には、どこのカードローンでも、銀行振込みによる入金は15時までしかできません。振込み業務を行う銀行の業務時間が15時だからです。これはネットバンキング、ネットキャッシングでも同様です。

つまり、銀行振り込みによる入金が必要な場合は、14:30までには契約が完了している必要があるのです。審査や申し込みの時間を考えると、当日振り込みのためには、午前中に申し込む必要が出てくるのです。

しかし、消費者金融には「無人契約機」という便利なものがあります。

インターネットから申し込んで、「無人契約機」でローンカードを受け取るという方法なら、「無人契約機」の営業時間内であれば、現金を手にできる可能性があるのです。

ローンカード当日受け取りの手順

  1. インターネットから申し込み
  2. コールセンターへ「無人契約機」でのローンカード受け取り意向を伝える
  3. 指定の「無人契約機」へ行く
  4. ローンカードを受け取る
  5. ローンカードでコンビニATMから引き出し
  6. 現金が当日中に手に入る

ということが可能なのです。

まとめ

上記のような理由があるため、確実に当日中にお金が必要という場合は、迷わずに消費者金融カードローンを選ぶべきなのです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。